自分で自力で自宅で必ずEDが治る方法を教えて?やり方・対策・秘訣・秘策・コツの必勝法・最新情報
自分で自宅で必ずEDが治る方法・やり方

自分で自力で自宅で必ずEDが治る方法を教えて?やり方・対策・秘訣・秘策・コツの必勝法・最新情報

自分で自宅で自力で必ずEDが治る方法・やり方

10代20代30代40代50代60代での自分で自宅で自力で必ずEDが治る方法を教えて?必勝法・最新情報。 完全版!年齢関係なく最強の強力な必ずEDが治る情報! 弱った男性器改善・ 最先端の必ずED改善最新情報! 若者・高齢・加齢・中年でも大丈夫な必ずEDを克服する方法の詳細説明。 今ネットで効果No1売れ筋人気ランキング『最新版』の正しい選び方!

自分で自力で自宅で必ずEDが治る方法を教えて?やり方・対策・秘訣・秘策・コツの必勝法・最新情報




▼2018年度・新登場のペニス増大・精力剤の詳細はクリック▼



EDはなりたくない対策を教えて?
EDの主な原因は6種類|対策や予防は出来る?年代別の傾向についても解説
EDは、男性にとって、他人に言えない代表的な悩みの1つでしょう。加齢によるもの、生活習慣や障害、疾病などを要因とするもの以外に、実は、心因的なものが多くを占めています。EDは決して特別なものではなく、男性ならば誰にでも起こりうるものです。今回はEDについての基本や類型別要因とその予防策などを紹介致します。

EDの原因を知りたい
男性にとって、誰にも知られたくない症状のひとつが、EDでしょう。EDは、加齢によるもの、障害や傷病によるものなど、実に様々な要因を持ちますが、実は、精神的なストレスを要因とする、心因性のものが一番多いことをご存知でしょうか?
今回は、いまさら聞けないEDの基本的事項に触れつつ、その類型別要因と予防法についてご紹介します。

EDの基礎知識をおさえよう
ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。完全に勃起ができない状態ととらえがちですが、実はそうではありません。

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない「中等度ED」もしくは勃起しないため常に性交ができない「完全ED」なのだそうです。男性にとっては決して他人事ではないEDとは、どんなものなのでしょうか。

EDは、器質性ED、心因性ED(機能性ED)、そして混合型EDの3つに分類できます。
以下にその種類別の特徴をまとめました。
・器質性ED
血管や神経の障害、陰茎の外傷などで身体的に勃起自体が困難になるケースです。朝勃ちもなくなり、自慰でも勃起が難しくなります。高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺などの他、 うつ病や抗うつ薬の副作用で起きることもあります。
 
・心因性ED
朝勃ちもあり自慰では勃起するが、相手がいるとダメになるというのが心因性EDの典型的な特徴です。夫婦関係の気持ちのズレや仕事や家庭のストレス、子作りのためのプレッシャーなどが深く影響します。

・混合性ED
上記の心因性と器質性が絡みあって生じるものです。

EDの症状
「なかなか勃起しない」「最近、性行為に自信が持てない」「最後まで満足のいくような性交ができない」「たまに勃起しないことがある」このように、EDといっても感じる症状は人それぞれです。一言でいうと、満足のいく勃起を得ることができない、これがEDの症状と言えます。

EDの原因と対策について
それでは、EDの原因はどこにあるのでしょうか?対策を講じるには、まずは原因を把握することが必要です。ここでは、EDの原因を示したうえで、それに対する対策を紹介します。

心理的な要因
誰にでも起こりうる、最も一般的な要因です。心因性EDと呼ばれます。心因性EDは、心因により以下の2つに大別できます。1つは現実心因で、日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDをひき起こす場合です。パートナーである女性からの「だめな男ね」「役立たず」など心ない言葉から受ける衝撃や暴力が要因となることもあります。そのほかうつ病や奥様との不和、経済的ストレス、毎日の疲労など自身でほぼ原因に見当がつくものが現実心因の特徴です。

もう1つは、幼児期の体験や性的トラウマなど過去の出来事による心の深層にある原因がEDを起こす場合です。このような深層心因の場合、無意識ないし意識下の世界に原因があるため、原因の解明までに長期間要し、治療が難しいケースが多いようです。

加齢
器質的EDのひとつに分類されるのが、加齢を要因とするEDです。
誰しも、年齢を重ねるにつれてEDの症状がでてくることは避けられません。血管や神経、動脈硬化による血管障害はその原因のひとつです。しかし、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からEDの原因となりうる病気の予防、生活習慣や嗜好性などに注意することが重要です。

生活習慣病
生活習慣病により起こるEDは、混合性EDの一種です。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が原因となり、血管や神経が障害を受けて起こるものです。例えば、陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりやすくなります。動脈硬化は生活習慣病と密接に関連しています。そのため、糖尿病、心臓病、高血圧、高脂血症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病を有する方はEDが起こりやすくなるのです。
一方、喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。

神経系の障害
神経の障害により起こるEDは器質性EDのひとつです。
正常な勃起のためには、神経が重要な役割を担います。性的刺激を受けた脳は、中枢神経や脊髄神経、末梢神経などの神経を介して、その信号を陰茎に送ります。そのため、いずれかの神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらず、EDの原因となります。脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患は、自律神経障害を起こすためEDの原因となりますが、以前はあまり知られていませんでした。最近ED治療薬が発売されてからは、一般のリハビリテーション病院でも性機能に関する相談を行う施設が増えています。

手術やケガ
手術や外傷により起こるEDです。前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術などの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性あります。
以前は、がんの手術といえば再発を防ぐためできるだけ多くの部分を取り除く手術が行われていました。しかし、最近では手術後の生活を重視して、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す手術法をとっている医師が多くいます。また、外傷では交通事故などによる骨盤骨折や脊椎損傷がEDの原因としては最も多くなります。しかし、時間を要するものの、傷病の程度によっては治癒する場合もあります。特に若い方ではED治療薬の効果も高いといわれています。

薬の副作用
抗うつ薬や降圧剤など、普段服用している薬剤が原因でEDになることもあります。よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤などがあります。
具体的に主だった薬剤としては、市販や通販の解熱・消炎鎮痛剤や抗不安薬(精神安定剤、マイナー・トランキライザー)、睡眠薬などの向精神薬、局所麻酔薬、降圧剤、鎮けい薬などはEDを引き起こすことで知られています。服用している医薬品については、医師や薬局に相談することをお勧めします。



どんな人がかかっているのか?
EDの原因:20代に多いもの
20代男性のEDの特徴としては、精神的な原因が非常に大きいとされます。過去、性行為で勃起しなかった等の嫌な経験がトラウマになって現在のパートナーにおいても繰り返されることがあります。
また、多くの男性はアダルトビデオなどを鑑賞して、刺激の強い自慰行為に走る傾向があり、これにより性行為における快感や勃起の感覚を忘れて行く事に繋がり悪循環になるのです。
20代では身体能力的には問題がないので、自慰行為の回数を減らすと同時に、イメージを中心にした自慰行為を心がける事も重要なポイントです。

EDの原因:30代に多いもの
仕事も私生活もバリバリこなして、男としての脂がのってくる30代男性ですが、今、30代男性にEDが増えてきているのを知っていますか?その原因の多くが、増え続ける仕事と、重くのしかかるプレッシャーだといわれています。心労と肉体的疲労、不規則な生活習慣から、性的刺激に対する感度が低くなり、勃起しづらくなったり中折れ(セックスの最中にペニスが萎えてしまう)に悩むことになります。
また、飲酒のしすぎや運動不足なども、30代のED患者に多い原因とされています。

EDの原因:40代に多いもの
一般的に、男性は40代に差し掛かるとEDを発症しやすくなる傾向があります。その原因は体力の低下とホルモンバランスの低下です。男性の生殖機能を維持していく為の栄養素が不足して、性欲が落ちて行く事になります。

EDを予防する方法を知ろう
次は、EDにお悩みの男性にとっては、気になるのではないでしょうか。EDを防ぐ方法について紹介します。
バランスのとれた食事
食生活の乱れはさまざまな病気を誘発します。そのため、食生活の改善はEDを含む様々な病気も予防することに繋がります。肥満体質やメタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧症などに代表される生活習慣病もその内の一つです。これらの症状の改善には、バランスのとれた食事を心がけるとともに、サプリメントの活用により必要な栄養素を補うことでも緩和・改善の可能性があります。

適度な運動をする
運動は血液の循環を良くし、肥満の予防にも繋がります。また、糖尿病や生活習慣病のリスクも軽減します。
ただし、適度な運動を心がけて下さい。無理な運動は大きな怪我にも繋がります。ウォーキングやジョギングなどの軽い運動でも効果的です。無理のない運動を心がけて下さい。特に、スクワットなどの下半身の運動や股関節のストレッチ、筋トレや体操などが良いと言われています。

EDになる原因は女性にも関係があるのか?
EDの中で一番多いのが、心因性EDであることは既に説明したとおりです。心因性EDの直接の原因は、精神的なストレスですが、パートナーである女性が原因となっている場合もあるのです。

EDの原因は彼女にあるか?

過去にて性行為で勃起しなかった等の嫌な思い出があるとと、それはトラウマになって現在のパートナーにおいても繰り返されることもあります。「今度、勃起できなかったらどうしよう…」「酒を飲んで、EDが出来ないフリをしようかな…」と考えれば考えるほど、症状は深刻化します。

また、例えば交際中の彼女からの心ない言葉によって受けたショックにより、勃起できなくなってしまっている場合もあります。このように、本来愛すべき女性が原因となりEDとなってしまっている場合があるのです。彼氏としてはつらいところです。

女性も協力すれば早期回復
それではこのような場合、EDを克服するにはどのようにすればよいのでしょうか?それには、男性と女性、双方の理解と努力が必要です。男性は、まずは焦らないことが一番大切です。愛情表現の形は、SEX以外にも、電話やメール、手紙などで連絡をこまめにとったり、一緒に食事やお出かけをしたり…など、様々な方法があります。SEXで女性を満足させることだけが、男性としての魅力ではありません。自分に自信を持ちましょう。
一方女性としても、男性の心境を理解し、SEXを強いて求めず、精神的なつながりを重視するなど、接し方を見直す努力が必要でしょう。女性の強力があれば、きっと男性は、早期に自信を回復することができます。

EDを通じてお互いの関係を深め合うきっかけにしましょう
これまでEDに関する基本的事項やその類型別原因及び対策などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?EDには様々な要因があり、その中で多くを占めるのは、精神的なストレスに起因する心因性のものであることがお分かりいただけたかと思います。
精神的なストレスとは、仕事からくる疲労や経済的な心配などのほかに、パートナーである女性からの心ない発言や、過去の性的トラウマからくる深層心理での傷などによるものも存在することに驚かれた方もいるかもしれません。
そのようなEDの克服には、焦らずゆったりした気持ち臨むこと、パートナーである女性の理解と協力が欠かせません。EDを通じて、お互いの関係を深め合うきっかけにしてはどうでしょうか?

ネットや雑誌でも有名なED改善精力剤です。精力剤マニアを夢中にさせる精力増強剤です。
20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代以上、70歳代以上と年齢関係なく効く精力剤,ペニス増大サプリです。

下記の方にはペニス増大に抜群の人気を誇る精力剤、サプリメントをクリックして詳細をご覧ください。



歳をとるとEDが起きやすくなる理由
体の老化と男性ホルモンの減少

最近20代、30代の若年層の勃起障害が増えていますが、若年層の勃起障害になる原因の多くは、心因性によるものや、酸化ストレスの高まりによるものです。

それに対して、40代、50代、60代、70代の高齢男性の勃起障害になる原因の多くは、病気や器官の機能不全によるものが大半を占めます。糖尿病や、高血圧などの生活習慣病が多く出てくるのもこの時期なので、こういった病気によって併発されることが多いです。そして、冒頭でも言ったように若年層に勃起障害が増えているのは心因性のものが多く、数自体も全体に占める割合も決して多くはありません。

以下が年代別勃起障害の調査結果です。
20代 1.8%
30代 2.6%
40代 8.6%
50代 20%
60代 41%
70代 64%
こうやってみると、若年層の勃起障害の割合はどれも1桁の発症率なのに対し、高齢男性の発症率はどれも2桁の高い発症率になっています。ここから分かることは、やはりEDの最大の発症原因は加齢によるものだということです。

一応立つことは立つんだけど、いざというときに萎えてしまう
挿入中に中で中折れしたことも・・・
前戯のときは立つんだけど・・・勃起を維持するが難しい
一度萎えると復活するまでに時間がかかるか、復活しない
こういった中折れ、勃起状態の維持に悩みを抱えている方の不調の原因や、それに伴う具体的な対策についてしっかりと紹介していきたいと思います。

若い頃はビンビンに勃起したのに、今はすぐにフニャフニャになってしまう。性行為の時に最後まで勃起の角度がギンギンにならない。こういった中折れや勃起の角度、持続力不足に悩んでいる40代男性は全体の6割以上にものぼります。

中折れや立ちの悪さを解消するために注目するべきことは2つ。
フル勃起するために大切なことEDの症状で今一番多いのが、
「挿入する前までは反り返ってビンビンだったのに、
いざ挿入すると、途中で中でしぼんんで中折れしちゃう・・」
「勃起の硬度がなく、柔らかい・・若い頃はもっとカチカチに硬くなったのに・・」「射精はするんだけど、勃起が柔らかい、ずっとふにゃふにゃのまま・・・

いつも半勃起状態で射精しています。」こういった持続力不足、硬度不足、勃起角度が低い(ビンビンにならない)という悩みを持っている方は、40代以上の6割以上と発表されています。こういった中折れや勃起力に問題が出てくるのは、40代からが最も多いです。その原因は、血液の循環が悪い(血管が悪くなっている)男性ホルモンの減少による精力不足と、この2つが大きな原因です。

年齢による勃起不全・勃起不全の原因・症状

加齢にともない勃起不全になる割合が高くなるのは当然の事です。歳をとると「勃起不全になっても仕方がない」と諦めがちですが、本当はそうじゃありません。勃起不全と加齢の関連性について解説します。

加齢になれば誰でも勃起不全になる?
勃起不全の患者は、現在日本に1130万人いると言われており、40代男性の20%、50代男性の40%、60代男性の60%が勃起不全であると推測されています。このように、年齢を重ねるほど勃起不全の罹患率が増えるのには、加齢に加えて糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が深く影響しています。なぜならば、これらの生活習慣病は、動脈硬化につながるからです。

勃起は、ペニスに流入した動脈が、陰茎海綿体の静脈洞に流れ込み血液がうっ血して起こります。そのため、動脈硬化などの血管障害で血流が悪くなると、勃起が困難になるのです。また、年齢が上がるに連れて男性ホルモンの分泌が少なくなることも減少し、勃起不全を招く要因になります。男性ホルモンの「テストステロン」には、勃起の際にペニスの血管を拡張させて血流をよくする「一酸化窒素」を供給する作用があるためです。

加齢によるEDを対策する方法をご紹介します

加齢の勃起対策・EDの治し方・
加齢になっても男として現役でいる為の方法

加齢になると勃起対策はしなくてはなりません。現在では世代を超えて悩む男性が多いと言われるED(勃起不全)ですが、やはり加齢による悪化はなかなか避けられるものではありません。特に高齢になるにつれて、性行為や自慰行為の頻度も減って来ますので性機能そのものの低下が一番の課題となってきます。男性として願わくば、死ぬまで現役であり続けたい!このサイトでは、予防や改善に対する対策について考えてみましょう!

男性ホルモンの減少が勃起力減退の原因です
加齢が原因の特徴としては、主に男性ホルモンが減少している事が、最も大きい原因と言えます。特に60歳を超えると非常に著しく、男性的な臭いも失われていく傾向にあり、同時にペニスの勃起力も大きく減退して行く事になります。これは年齢からくるもので、男としては必ず通る道です。落ち込む前にまずは対策を練りましょう!

勃起能力が正常な人は、細胞や血管の「錆び」が少なく、EDの人は総じて酸化の度合いが高いことがわかっています。つまり、血管の老化がEDの大きな要因となっています。性的刺激を受けた時、一酸化窒素が作用して陰茎の筋肉が緩み、内部の海綿体に血液が流れ込んで勃起すること、そして、この一酸化窒素を産生するのにテストステロン上げる事が加齢の勃起対策となります。

ED治療に年齢制限はない
中高年になると、勃起不全になっても「歳だから仕方ない」と諦めてしまう方が多いかもしれません。しかし、勃起不全の治療は、医師頼る必要もなく、精力剤を服用すれば年齢の高い人でも十分に効果が期待できるものです。

中でも、ペニス増大系の精力剤は圧倒的な成分量を誇るので非常におすすめです。加齢になっても、健康的に勃起ができるということは、男性にとって大きな自信や生活の自信につながります。勃起不全の治療に年齢制限はないので、歳だからと諦めずに、ペニス増大系の精力剤をオススメします。

加齢によるEDの対策
加齢によるEDの対策としては、いかに血管を若々しく保つか。いかに男性ホルモンの減少を抑えるか。この2つにかかっています。血管を若々しく保ち、男性ホルモンの減少を食い止めるには、適度な運動やバランスの良い食事、十分な睡眠やストレス解消などが有効的です。

しかし、これらを全て完璧にやるのは不可能に近く、現実的な解決策ではありません。そこで、男性ホルモンに必要な栄養素を外から吸収することで、男性機能を活性化する方法がおすすめです。男性ホルモンの生成に必要な栄養素を手軽に摂取できる精力剤。「勃起力を高めたい」「ペニスを増大させたい」女性を悦ばせたい男にとってそれは本当に大きな願いです。



精力があれば性欲もあるのが当たり前です。性欲があっても精力がなければ何もできません。精力をつければ全て上手く行きます。食事で精力がつくか?栄養ドリンク、モンスターエナジーで勃起するか?EDなら全く効き目はないでしょう。じゃあ、バイアグラや薬なら精力がつくか?正直、医薬品やED治療薬は副作用が怖くまして、糖尿病や高血圧と病気を抱えてたら医薬品は使えません。薬は強制的に勃起させてるので射精の時は気持ちよくないと言われています。なにより、薬は一生飲み続けないといけない落とし穴があります。

中毒性になったズタズタになりそうなイメージを抱いてしまいます。その分、精力剤サプリメントは勃起成分、栄養成分をナチュラルに摂取して体の内側から健康体になり治していくのがサプリメントです。男性ホルモンを生成する成分し血行を良くする成分
厚生省から認可のおりたシトルリンは強力なed治療です。一流アスリートは何種類も質の良いサプリメントを摂取するのと一緒で精力剤サプリも2、3種類一緒に飲んで更なるパワーを発揮している精力マニアもいるくらいです。勿論、副作用は全くない国内産だから安心です。

1つの精力剤サプリメントでも十分効き目はあります。
あくまでも、強力な最強を追求するならのお話で。
サプリはセックスする前にレッドブルと一緒に飲むとより効果が発揮する言われています。簡単な話、人気商品を購入すればいいのです。最強を求めるなら、人気商品を3つ購入してセックスをやる前にレッドブルと3種類の精力剤サプリを飲めば良いのです。

精力剤とは
精力剤とは男性の弱った性機能を改善(ペニスのサイズであったり、勃起力の向上、勃起時の増長、早漏、ED(勃起不全))を目的とした薬剤もしくは健康食品、天然の滋養強壮のある漢方のことを指します。主に後年系の男性を対象としており、性機能増強のためにさまざまなものが使われています。最近では若い男性の方でも悩んでいる若年性EDは多くいると言われています。

精力剤の種類は大きく分類すると『医薬品(バイアグラ治療薬)』と『それ以外の食品』、『滋養強壮のある漢方』の3つになりますが、最近では副作用がない、自然治療のサプリメントが驚異的な人気を誇っています。特にサプリ系の精力剤の場合、服用に年齢制限はありませんが、トータル的には主に更年期以降の男性機能減退期にある男性向けに開発されているものが流行っています。

また、精力剤といって男性の悩んでいる症状によって利用する精力剤は異なってきます。ED(勃起不全)症状の改善やペニスの基礎体積の向上、勃起力の向上、勃起時間の増量などさまざまな悩みによって異違いますので、正しい知識や効能、成分が書かれているので購入し易いと思います。
下記の方にはペニス増大に抜群の人気を誇る精力剤や精力増強剤がありクリックして詳細をご覧ください。



強力精力剤は強力に精力を増強・増進する精力サプリメントです。