簡単に性行為・エッチ・セックスのやる気を自分で自力で自宅で上げる方法・やり方・対策・秘訣・秘策・コツ・必勝・必見情報
性行為・H・SEXのやる気をUPする方法・やり方

簡単に性交渉・エッチ・セックスのやる気を自分で自力で自宅で上げる方法・やり方・対策・秘訣・秘策・コツ・必勝・必見情報

性行為・H・SEXのやる気をUPする方法・やり方

10代20代30代40代50代60代で簡単に性交渉・エッチ・セックスのやる気を自分で自力で自宅で上げる方法・ やり方・対策・秘訣・秘策・コツ・必勝・必見情報。 完全版!年齢関係なく最強の強力なセックスのやる気を上げる情報! 若者・高齢・加齢・中年でも大丈夫なセックスのやる気をアップする詳細説明の最新情報。 今ネットで効果No1売れ筋人気ランキング『最新版』の正しい選び方!エッチの徹底検証!

簡単に性行為・H・sexのやる気を自分で自力で自宅で上げる方法・やり方・対策・秘訣・秘策・コツ・必勝・必見情報




▼2018年度 新登場のペニス増大・精力剤の詳細はクリック▼


年齢を重ねても楽しめる!
高齢セックスを充実させる3つのポイント

日本の平均寿命は男女ともに80代を超え、巷には若々しい高齢者があふれています。最近では高齢者の婚活も話題になり、第2どころか第3、第4の人生を謳歌している、ポジティブでイキイキとした高齢者が増えている印象です。

そうなると、高齢者の性も気になるところ。愛する人が元気でいてくれるのならば、いつまでもセックスを楽しみたいですよね。そこで今回は、「高齢セックスの楽しみ方」についてご解説。若いときとは少し違う、年齢に合ったセックスのポイントについてお話しします。

高齢セックスを楽しむ3つのキーポイント
年齢を重ねると、男女ともにセックスに対する適応能力が徐々に落ちていきます。女性は閉経するとエストロゲンというホルモンが減少して濡れにくくなりますし、男性も50代くらいから勃起力が低下し始めます。

つセックスをしたい気持ちがあっても体が対応できなくなってきますので、若いときのような感情に任せた激しいセックスは難しくなります。高齢セックスは、穏やかに心で楽しむことが大前提なのです。



それを踏まえて、
高齢セックスを楽しむポイントを説明します。

1. 挿入をメインにしない
通常セックスは生殖行為なので、挿入をメインと捉えますが、高齢セックスの場合は生殖が目的ではありません。無理に挿入しようと思わずに、お互いが気持ちいいと思うことをゆっくり楽しみましょう。

十分に濡れていない膣に入れると痛みが伴いますし、ペニスの勃起が不十分で硬さが足りず焦ったり落ち込んだりすると、お互い精神的につらくなってしまいます。肉体的なつながりがなくても、気持ちのつながりを楽しむことが、高齢セックスを満足させるポイントなのです。

2. 射精が最終目的地と考えない
多くの方が「男性の射精を以てセックスは終了」という感覚を持っていると思いますが、高齢セックスでは必ずしもそうではありません。若い男性でも体調によっては射精できないときがありますが、高齢になるとより体力的にも機能的にも厳しくなります。

射精するときの感度も、若いころに比べて鈍くなってきますので、射精するまでがセックスという概念は捨てましょう。高齢セックスは2人のコミュニケーションが一番の目的ですので、お互いが満足したときが終着点。長くても短くても、イってもイカなくても、2人が満足すればそれで大丈夫なのです。

3. ラブグッズを使って体への負担を減らす
若いカップルが使うイメージのラブグッズですが、むしろ高齢者が利用するべきアイテム。アメリカでは身体障がい者が利用するためのラブグッズ開発も進んでおり、体に負担なく快感を与えられるという意味ではとても便利なツールなのです。激しい動きができないときや男性が十分に勃起しないときなどにラブグッズを使えば、女性は快感に満足しますし、男性は女性を気持ちよくさせられたことに満足できます。

ラブグッズはお遊びで使う、ジョークアイテムというイメージが強いですが、必要な人たちにとってはとても合理的で優れた道具ですので、ぜひ有効に使ってみてください。動物にとってセックスは生殖行為。生殖能力がなくなれば交尾をしません。しかし人間には高い知能と感情がありますので、生殖能力がなくなってもコミュニケーションを取りたいという欲求が出てきます。

生殖という目的を除いたセックスこそ、本当の意味での心のつながり。高齢セックスを楽しめる相手は、真から愛する人といえるでしょう。無理をしないで、若いころとは少し違う、温かいセックスを楽しめるといいでしょう。

中高年・高齢者の気持ち良いセックスをする方法
人間は加齢と共に、精力が落ち、性欲も低下し、精子量も減少し、体力も急激に低下し、疲労もなかなか抜けずセックスレス、セックスの体力が続かない、EDになってしまった、元気が出てこない、若い頃には必ずあった
朝立ちはい今までは、全然起きない・・・。
「女性にきょうはエッチやらないの?」「もう少し頑張ってよ」そんなプレッシャーは増々、勃起が萎んでしまう原因です。これはEDなのです。中折れも、勃起はするけど柔らかく、直に萎んでしまう・・・。
これは既にEDになります。

思春期の頃はあんなに活発で元気だったのに、
年齢を重ねて高齢になってくるとセックス自体も気持ちよくなく中々楽しめない方は多いはずです。男として終わってるのか?向上心もなくなり、「歳をくったなー」高齢者でも気持ち良いsexをしたい!諦めたくない!精力が取り戻せるなら取り戻したいのは男性の本音でしょう。



気持ち良いセックスが楽しめないのは理由があります。
年齢だ!・・・中年だから、高齢者だからだと決めつけても始まりません。年齢関係なく性欲も精力も上がり、
中高年だろうが気持ちいいSEXをする方法はあります。
どんな対策なのか?答えは簡単です。男性ホルモン(テストステロン)増加が大きなカギになります。



男性ホルモン(テストステロン)の効果
体の各組織の司令部ともいわれる脳の視床下部。ほかのホルモンと同じく、男性ホルモンの分泌量も視床下部で制御されています。男性ホルモンの大部分を占めるテストステロンは、男性の体や心の状態を左右する大事な要素。
ヒゲや太い骨格といった男性らしいたくましい体をつくることはもちろん、筋肉の増加やバイタリティを高める作用、男性性器の発育と機能の維持や性欲を高める作用もあります。

また、テストステロン(男性ホルモン)は精神の活動的な原動力としての力も発揮。「幸福感」や「やる気」の元となるドーパミンを産生させる働きがあります。さらには、神経や血管から作られ、血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きも担っています。

男性ホルモン(テストステロン)が体に与える影響
「オトコの自信」に不可欠なテストステロン(男性ホルモン)上のイラストのように、テストステロン(男性ホルモン)と体の関係は多岐にわたります。

一般的に知られているように、生殖機能に直結するホルモンなだけに、この分泌が減ることで精力減退や勃起機能の低下を招き、放置しておくとEDになる恐れもあります。しかし男性ホルモンを高くキープしている人は、年齢に関わらず「性の悩み」に縁遠いものです。

メタボを防ぐ体と心のいいサイクル
テストステロン(男性ホルモン)は血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きがあるのは前述のとおり。一酸化窒素(NO)が分泌されることによって、血管や臓器にコレステロールなどの不純物が留まりにくくなります。

事実、テストステロン値が高い男性は生活習慣病にかかるリスクが低いという医学調査も。運動(筋トレ)を行うとテストステロン(男性ホルモン)が上がり、さらにテストステロン値が上がると活動的な意欲が湧くという理想的なサイクルが生まれます。男性ホルモンをケアすることは、メタボリックシンドロームの改善に良いだけでなく、健康に非常に良い作用を及ぼすのです。

テストステロンは健全な心の証
テストステロン(男性ホルモン)には、精神活動や老化を司る細胞小器官であるミトコンドリアの健康を保つ作用があります。テストステロン(男性ホルモン)がしっかり足りている人は、イライラすることも少なく、不眠に悩まされることもありません。

また、ネガティブな感情に蓋をする働きもあるため、不安感にさいなまれたり、うつの状態になることを防いでくれます。仕事でもプライベートでも、意欲とチャレンジ精神を持って取り組め、いつまでもイキイキとした日常を送る手伝いをしてくれます。

効果1:身体的な「男らしさ」を作ります
骨や筋肉の強度を維持 性欲や性機能の維持 動脈硬化の予防 血液を作る働きメタボリックシンドロームの予防 認知機能。テストステロン(男性ホルモン)は身体に重要な役割を果たしているだけでなく、認知機能など脳の働きも任されています。

セックスをこなす体力や性欲も維持したい!
どうしても肝心な時に勃たない!
最後まで勃起を維持できない!

精力の悩みは、バイアグラなどの勃起薬を利用しなくても精力剤サプリで十分効果を発揮します。圧倒的なリピーターがいるロングセラーの人気精力剤だけをピックアップしました。

性欲もわかない男性が勃起薬を利用しても、効果は期待するほど得ることが出来ません。勃起薬は、強制的に勃起させるだけなので、射精時は気持ちよく、本当のセックスを楽しんでいる事には疑問を感じます。とりあず勃起しないより勃起したほうが良い的な感じをうけます。

精力剤は名前の通り、性欲があってこそ効果を発揮するので本当のセックスの楽しさ、男の自信を取り戻す事ができるでしょう。

精力が落ちると男性は、焦ってしまい副作用がある即効性の薬に頼りがちになりますが、性欲もわかない、最後まで頑張る元気も無いという男性は、精力剤が一番おすすめ商品です。精力剤の中でも、ペニス増大系の精力剤が圧倒的な成分量を誇り、人生が変わる力強さを感じるでしょう。中高年が気持ちいいセックスをするには、太鼓判です。詳細をご覧ください。(副作用はありません)


一回のエッチで何回も射精する方法・絶倫対策を教えて?
精力剤で副作用のない男性ホルモンUP方法

オトコの人は、一日何回勃起できるの?何回射精できるの?
射精しなければ何回でも勃起できるの?

最長何分くらい勃起してられるの?
男性は一回のセックスで何回射精できるんですか?
何発も出せるんですか?
こんな答えは、ズバリ!
精力を増強すれば射精は3度~10度は行けるでしょう。射精が3度と言うのは普通かもしれません。

特に、好みの女性とのまだ、飽きてない好奇心旺盛の次期だったら3回~5回は出来ると思います。ナチュラルで5回と言うのは、女性側が色気があり、セックスの愛称が良ければの条件付きになってしまいがちです。それも、慣れてくると精々1回~3回になってくる ・・・つまり、確実に性欲、精力は落ちてくるでしょう。それでも、多い、そんな精力なんてない!そう思われる方もいるでしょう。

そして、10回射精する・・・これは、AV男優です。プロフェッショナルの領域を出しました。彼等は、撮影の時が重なれば1日に10度射精するのは当たり前だそうです。はい、勃起させて、はいストップ!はい、勃起させて・・・ そんな具合で自由自在に勃起させる勃起力、何回でも何度でも射精する精液増強してビンビンに立つ大きなペニスを育て、カチカチに元気な硬い勃起力をアピールしなければなりません。

そんな場面で毎回薬など服用していたら副作用が酷く体に毒なので、何年もプロとしてAV男優はできないでしょう。そこで、登場するのが、国産の安全で副作用がなく、血行を良くして元気が出る、健康な体にして、 勃起力アップを発揮してくれる男性ホルモンを上昇させ、精液も増量、シトルリン効果でペニス増大、固い勃起持続力を強化する人気の精力剤です。
20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代以上、70歳代以上と年齢関係なく効く精力剤,ペニス増大サプリです。

ペニス増大に抜群の人気を誇る精力剤の詳細をご覧ください。



強力精力剤は強力に精力を増強・増進する精力サプリメントです。